読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレスは悪いものばかりではない。ポジティブに受け止めよう

こんにちはgousyunです。

 

今日は、猛烈にストレスを感じた1日でした。普通に平和に過ごしたいのに、自分の周りで色々な事がおこります。

 

職業柄なのか? 自分自身に何か問題があるのか、こんな日は本当に悩んでしまいます。

 

さて、現代社会において、ストレスを受けず・感じずに過ごせることはほとんど無いと言っても過言ではありませんよね。

 

ストレスが原因で体調をくずして病気になったり、人間不信になったり、苦しんでいる人はたくさんいるのではないかと思います。

 

 

ストレスとは、”精神緊張・心労・苦痛・寒冷・感染など、ごく普通にみられる刺激(ストレッサ―)が原因で引き起こされる生体機能の変化”(大辞林第三版の解説から一部引用)です。

 

 

厚生労働省は、企業に2015年12月からストレスチェック制度を義務づけました。

企業は労働者に対して、毎年1回この検査を全ての労働者に対して実施しなくてはいけません。

 

労働者のストレス状況を分析する事により、より良い職場環境・改善を行うことが目的です。 ちなみにストレスチェック内容は経営陣はみれません。契約している産業医に分析をしてもらい、アドバイスをしてもらいます。

 

国がここまで取り組むという事は、それだけ社会的に問題が多いということでしょう。

例えば

・近親者の不幸

・自身の不幸

・人間関係

・環境の変化

・経済的不安

など、あげればきりがありません。

 

この世の中でストレスを受けず・感じずに生きる事は難しいといえます。それならば、受けたストレスをバネにして「良いストレス」にすればいいのではないでしょうか?

 

人間は、適度なストレスをうけた脳はやる気がでる。

 例えば、ライバルに負けた時「よーし次は勝ってやる」とか、悔しい思いをした時は「次は見返してやる」など、良い意味で自分自身を奮い立たせ、良い刺激として受け止めることが大事なのです。

 

何事においても、ネガティブな考え方になると、全てが悪い方向に進むように思ってしまい、とてつもない暗闇の世界に引きずり込まれてしまいます。考え方・感じ方・とらえ方ひとつで、ネガティブな世界から脱することは必ずできます。

 

  簡単なことではありませんが、”何事においても努力”が必要です。

 

この世の中を生き抜くために、一度きりの人生を愉快に、楽しく、幸せに生き抜くことは、ストレスに負けない”強い信念と努力”しかないとgousyunは思うのです。